2022年映画化★横浜流星が主演する漫画 嘘喰いは無料で読める??

実写化きたー!しかも主演は横浜流星さんです!みなさん漫画はもう読まれましたか??来年に向けてチェックですよ!

©迫稔雄/集英社 ©2022映画「嘘喰い」製作委員会

ポスタービジュアル

なにこれー!もう超かっこいいんですけども!

嘘喰いは無料で読める??

さて嘘喰いってどんな話なんでしょうか??

あらすじ

パチンコ屋に入り浸っていたギャンブル狂の青年梶隆臣は、パチスロの演出がわからずに戸惑っていた男・斑目貘にアドバイスする。貘が「大勝ちできた恩返しに」と借金清算の手伝いをしたことで梶は、貘の正体が「嘘喰い」(うそぐい)の異名を取る伝説のギャンブラーであることと、要請に応じて立会人を派遣しあらゆる賭博を取り仕切る秘密組織「賭郎」(かけろう)の存在を知る。貘の目的はかつて失った大金と様々な力を取り戻し、賭郎の長・お屋形様の座を奪い取る大勝負「屋形越え」に再び挑むことだった。

「廃ビル脱出勝負」にて梶の賭郎会員権と新たな仲間・マルコを得、富士廃坑での「ハングマン」勝負を経て嘘喰いは再び賭郎の会員となり、屋形越えに敗れた嘘喰いと共に賭郎を抜けたかつての専属立会人・伽羅も仲間に加わる。そのころ海外の犯罪組織「アイデアル」が賭郎を支配下に置くべく日本に進出し、両組織の抗争が始まり対立が深まってゆく。警視庁での「迷宮」勝負にて「かつて屋形越えに敗北しお屋形様に命を預けられている」事実を抹消した嘘喰いは、マルコと共に続く「Mゲーム」に勝ち、国家権力によって不正に揉み消された犯罪者のリスト・Lファイルを獲得。一方梶は、嘘喰いに先立って迷宮勝負に負けLファイル中のある殺人の罪をなすりつけられていたが、事件の真犯人を突き止め「ファラリスの雄牛」勝負に勝利、嘘喰いの力を借りることなく自力で冤罪の呪縛から解き放たれた。【Wikipediaより抜粋】

むむむなんだか難しい話ですねぇ~。いえいえそんな事はありませんよ!嘘喰い(うそぐい)は簡単に言えばギャンブル漫画です!ギャンブルの王を決めるわけですね~。でもそんじょそこらの賭け事ではありません。”命”を賭けた勝負なんです。

登場人物

斑目貘(まだらめ ばく)

横浜流星さんが演じる主人公です、凄腕のギャンブラーで通称がこの漫画のタイトル「嘘食い」なんです。並外れた頭脳と観察力で嘘を見抜く。しかしその嘘を利用して完全勝利を求める事からついたあだ名なんです。

梶 隆臣(かじ たかおみ)

嘘喰いもう一人の主人公で斑目の相棒です。まだ誰が演じるかは公表されてませんね。下の画像の右の黒髪が梶、左が斑目です。梶は幼いころに虐待を受けていたという過去があります。

噓喰い第67話より

早くキャスト発表されないかな~とわくわくしますね(*’ω’*)とりあえず無料漫画を読んで予備知識をつけておきましょ★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。